増毛エクステ専門店
An filo (アンフィーロ)【公式】

増毛エクステと増毛スプレーと増毛のポンポン

急場しのぎの増毛スプレー(薄毛隠しコスメ含む)

薄毛でお悩みの方の解決策の一つとして、増毛スプレーというのがあります。

一度はTVCMや、ドラッグストアなどで見たことある方も多いのではないでしょうか?

今では、そういった薄毛隠しのスプレー、ファンデ、パウダーなど色々な名称はありますが、広く認知され、使ったことある方もいらっしゃることでしょう。

ただ、いくら無害を謳っている商品であっても、毛髪・頭皮に付着する(させる)というのは地肌の負担にならないのか、一抹の不安もあります。

今回はそのメリットとデメリットをコラムにまとめていきます。
髪の根元、頭皮への整髪料の付着はあまり良いものではありません

増毛スプレーなどのメリットデメリット

まず、増毛スプレーの作用としては、色の付いたミクロの粒子を、頭皮が透けたり、白髪が目立つ部分に付着させ、色を付けることでカバーしようという物。

スプレータイプと、パウダーファンデーションのようなパフで色の付く粉を塗布するタイプの2種類が一般的です。昔からあるアイテムで大手かつらメーカー製の物もあります。

分け目にさっとひと振り、分け目をパフでポンポンするだけ、のように売り出しておりますね。

メリットとしては
  • 手軽に自分で出来る
  • カツラや増毛エクステに比べて高くない(1000~7000円)
  • 分け目やつむじの薄毛&白髪もカバーできる
  • 円形脱毛症などの部分的なカバーにも

デメリットとしては
  • 頭皮に色が付いているだけでバレバレだったり
  • 頭皮への負担が心配だったり
  • 衣服への色移りや雨・汗などで流れ落ちたりする可能性があったり
  • 汗で流れ落ちるのに、結構しっかり洗わないと落ち切らない
  • 前髪などの生え際への使用は不向き
などなど手軽な反面、恒常的な利用には適さない面も見受けられます。

TPOに合わせての使い分けが良いのではないかと思われます。
    一時的にカバーするのであればいいのですが、毎日使うのはあまり良くないかもしれません

    増毛エクステで解決できること

    増毛スプレーなどでのデメリットの中に、汗や雨、というのがありました。

    そういったデメリットをカバーするために、色の定着を良くするキープスプレ的な物もオプションで売っていたりします。

    ただ、髪だけでなく、頭皮にも付着することが多い色素の粉に、そこに更にキープのために被膜を作るものを添加していくのは、あまり頭皮や毛穴の環境として良くない影響が懸念されます。

    もちろん、植物由来成分を使っていたり、日本の薬事法や化粧品登録、医薬部外品も通るような有害な物ではないとは思いますが、頭皮を黒く塗りつぶすのは心理的にも印象は良くないですね。

    薄毛や脱毛症のコンプレックスは気持ちの持ちようも大事ですが、本人は増毛スプレーなどを付けることで薄さをカバーした、という気分に浸っていても、やはり仕上がりに不自然さが残るケースも多く、はっきり言ってバレていると思っていただいて間違いないでしょう。周りが気を使って触れないだけで、汗で頭皮の色が流れた時などは気まずくて仕方がありません。シャツの襟が黒ずんだりもするので、正直、当サロンとしてはあまりオススメではない薄毛解決手段です。

    で、あれば、部分的にカバーするウィッグの方が負担が少ないという事も考えられます。
    ▶ 当サロンのオーダーメイドウィッグのご案内

    ヘアスタイルを作るのには基本となるあくまで毛であって、分け目やつむじを黒く塗りつぶす、というのはヘアのパーツの一部をごまかしたにすぎません。

    当サロンは増毛エクステ専門店であり、増毛師は美容師免許を取得したヘアケア、ヘアスタイルづくりのプロのみで運営しています。

    髪型を美しく、頭の形がキレイに、横顔も知的に見えるようにヘアを作るのには美容師としてのセンスも重要と考えております。

    増毛エクステであれば、雨や汗の影響を受けません。
    日々のお手入れも普段通りスポーツやシャンプーも問題なし。
    増毛スプレーを落とすために二度洗いをする必要もありません。洗いすぎによって必要な皮脂まで落とし過ぎているかもしれません。
    伸びて来た時のメンテナンスも適切に繰り返せば目立ちませんし、増毛のペースなどを工夫すれば自然に増えたように仕上がりバレたりはしません。

    薄毛でお悩みの際には、ぜひ増毛エクステを検討いただき、一度お試し下さい。

    ▶ 増毛エクステとは

    ▶ Anfiloのこだわり

    ▶ 増毛コラム一覧


    増毛スプレーやファンデーションは、使うとしても冠婚葬祭の時だけであったり、友人と会う時だけ、などなるべく使う頻度を減らす工夫をされた方がよろしいかと思います。

    営業のお仕事などで、人と毎日会うから毎日増毛スプレーしないと・・という場合は増毛エクステ、もしくはカツラ、部分ウィッグなどのヘアピースの活用の方が頭皮への負担の面も踏まえたらベターかと思います。


    ◀ 前のコラム
    増毛エクステ>カツラ>増毛スプレー のようなイメージで、増毛エクステが頭皮や毛根への影響が少なくなることが考えられます TPOに応じた使い分けが出来ると良いですね

    Google ads

    スポンサーリンク

    MOBILE QR CODE

    携帯のバーコードリーダーでQRコードを読み取ることで、携帯版ホームページへアクセスできます。
    PAGE TOP